社会福祉事業者が提供するサービスの質を行政や当事者以外の公正・中立な立場で専門的かつ客観的な立場から評価します。

お問い合わせはこちら

グローバルナビをスキップ

サイドバー:ローカルナビ

ここからコンテンツ本文

お知らせ一覧

評価基準及び判断基準並びに公表ガイドライン等の変更について

評価基準及び判断基準並びに公表ガイドライン等を変更しました。

 厚生労働省子ども家庭局長及び社会・援護局長、老健局長の連名通知で発信された『「福祉サービス第三者評価事業に
関する指針について」の全部改正について」の一部改正について』の通知を受け、青森県福祉サービス第三者評価推進委
員会評価基準等委員会の承認により通知に基づき一部改正を行いました。
 
 なお、適用年月日を平成31年4月1日からとなります。


 変更後の判断基準ガイドラインは、各種資料/福祉サービス第三者評価基準に掲載しています。

H30年度福祉サービス第三者評価者継続研修会開催について

※平成30年度の継続研修は終了しました。

 

 

第三者評価機関募集のお知らせ

※平成30年度の評価機関機関募集は終了しました。

 

 

評価の判断基準の変更について

国が示す指針に基づき本県においても平成27年度の評価からa・b・c評価の判断基準を下記のとおり変更しました。これにより、公表されている受審施設の評価結果は、平成27年度分から、新たな判断基準により公表されておりますので、ご留意ください。

a評価・・・よりよい福祉サービスの水準・状態、質の向上を目指す際に目安とする状態

b評価・・・aに至らない状況、多くの施設・事業所の状態、に向けた取り組みの余地がある状態

c評価・・・b以上の取り組みとなることを期待する状態

なお、評価結果は福祉施設・事業所の格付けや順位付けを行うものではなく、福祉施設・事業所の理念や基本方針を具体化し、よりよい福祉サービスの実現に向けて、第三者が評価した時点の「達成度」を示すものです。